初心の趣

カメラ初心者の石川県人が同県を中心に地方の変わった魅力を紹介しています

アート・オブジェ

今年(2018年)は「こまつの杜」のかかしロードを見てきた

こまつの杜でかかしロードと言う案山子の展示が9月から10月にかけて行われていました。いろんな案山子がありました。

駅地下で見かけたダンボールアートが面白かった

10月21日に金沢駅もてなしドーム地下で行われていたエコフェスタのダンボールアート展を見てきました。どれも面白い作品でした。

金沢マラソンに合せた黒板アートを早めに見に行った

金沢駅もてなしドーム地下に登場する黒板アート事業の第三弾を制作中ながら一足先に見に行ってきました。今回は金沢マラソンに合わせた作品でした。

奥能登国際芸術祭の秋の限定公開があると言うので一年ぶりに飯田駅に戻ってきた

一年前の奥能登国際芸術祭の作品のうち5つがこの秋限定公開しているというので、一番行きたいと思った飯田駅にしぼって足を運びました。

金沢駅もてなしドーム地下の思い出黒板アート第二弾は魚を食べたくなる

駅地下に期間限定で登場した思い出黒板アートの第二弾(テーマは「海の中の宇宙」)を見てきました。

金沢駅もてなしドーム地下に現れた「思い出黒板アート」を見に行く

金沢駅地下に小学校で使われなくなった黒板を使ったアートが一週間限定で展示されていたので見に行ってきました。第1弾「金沢の四季」だそうです。

宝達志水町の休耕田にトトロがいた

宝達志水町の山崎という地区の休耕田にでかいトトロが町の人の手によって作られたそうなので見に行ってきました。

氷見市のまんがロード沿いにある日宮神社の狛犬が獅子丸に似ている気がする

藤子不二雄A先生の故郷、氷見市にある日宮神社の狛犬が『忍者ハットリくん』に登場する忍犬の獅子丸に似ているような気がしたので紹介します。

七尾の能登食祭市場に行ったら雛人形がいくつもあった

七尾市の道の駅「能登食祭市場」に立ち寄ったところ、400体近い雛人形が飾られていたので撮ってきました。

クリスマス前に奥能登国際芸術祭2017からパーフェクト賞が届いた

9月から10月にかけて開催されていた奥能登国際芸術祭2017の作品をすべてまわってきたパーフェクト賞がクリスマス前に届きましたので紹介します。

富山県の南砺市には井波彫刻による獅子木札のガチャがある

富山県南砺市にある井波彫刻総合会館には獅子木札のガチャがあるそうなので回しにいってきました。ガチャボックスがまたインパクトありました。

足湯の旅14 だいこん足の湯、再び(りんご入り)

いい道の駅 のと千里浜にある「だいこん足の湯」が、11月12日限定でリンゴ足湯になっていたので浸しに行ってきました。

白山市の林中地区に登場した美しい田んぼを守るカカシ達を鑑賞する

白山市の林中地区にもかかしが並んでいるところがありました。しかも電飾のメッセージ付き。夜にも見に行きたくなるところでした。

粟津温泉の町中で石の彫刻展が行われていた

粟津温泉の町中にて10月23日より11月11日まで「小松の石彫刻展」が行われています。その作品の一部と人気投票箱の様子を紹介します。

旧針山小の大きな竹細工オブジェがジャンケンしていた

宝達志水町の針山というところにある旧針山小学校の跡地に竹細工の大きなオブジェが置かれていると言うので見に行ってきたら人型のオブジェがジャンケンしていました。

輪島の千枚田にいた塩像が引っ越し&修復していた

輪島市の白米千枚田に置かれていた塩の像が道の駅「輪島」に引っ越したそうです。見に行ったら修復中でした。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その4(最後39番目の作品)

計四日間かけて見に行った「奥能登国際芸術祭2017」の作品の紹介も残り1つ。最後である今回は39番目の作品、鬼太鼓座による「饗の事導」について記します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その3(上黒丸の演劇と舞踏)

「奥能登国際芸術祭2017」へ四度目の訪問。その様子を紹介しています。今回は上黒丸で鑑賞してきた演劇や舞踏を中心に記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その2(若山エリア南山で足湯の旅番外)

珠洲市の「奥能登国際芸術祭」へ四度目の訪問をしてきた際の作品の鑑賞模様です。この「その2」では若山エリア南山の作品を紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その1(若山エリア北山)

珠洲市で行われている奥能登国際芸術祭へ10月14日にまたまた足を運びました。これで四度目です。その様子を紹介します。今回は若山エリアの北山地区を中心に記しています。

里山のアートフェスタで見つけた「花ふしぎ」が不思議と快感

能美市のアートフェスタに寄った際、「花ふしぎ」という玩具を買いました。手軽に回せて回しただけでキレイで快感なオモチャでしたので紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第三日目その3(シャク崎)

9月23日、珠洲市で行われている「奥能登国際芸術祭」へ3度足を運びました。その様子を記した第三日目その3です。シャク崎の作品を紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第三日目その2(日置エリア木ノ浦海岸)

9月3日より珠洲市で行われている「奥能登国際芸術祭2017」へ三度足を運びました。その紹介をする「第三日」のその2です。日置エリアの木ノ浦海岸にある作品について記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第三日目その1(「時を運ぶ船」とゴジラ岩)

珠洲市で9月3日より50日間に渡って開催されている「奥能登国際芸術祭2017」へ三度足を運んできました。作品番号1の「時を運ぶ船」を中心に大谷エリアについて紹介しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その7(夜の鑑賞と銭湯)

珠洲市の奥能登国際芸術祭2017の作品の紹介、第二日目その7です。第二日目最後の今回は夜に鑑賞した作品と「おまけ」である銭湯に行った様子を記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その6(サザエハウスと環波神社)

初日である9月3日に続き、9月9日にも足を運んだ奥能登国際芸術祭2017の様子を記しています。今回紹介するのはサザエハウスと環波神社です。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その5(若山エリア上黒丸地区)

奥能登国際芸術祭2017の作品の紹介です。今回は若山エリア上黒丸地区の作品一つにしぼって記します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その4(日置エリア折戸地区)

珠洲市で開催中の奥能登国際芸術祭2017の作品の紹介です。今回は日置エリア、その中でも折戸地区のものです。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その3(三崎エリア)

珠洲市で開催されている奥能登国際芸術祭の様子を紹介しています。今回は三崎エリアの作品を中心に記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その2(蛸島エリア)

9月9日に珠洲市の奥能登国際芸術祭へ再びを足を運びました。その日、蛸島エリアで目にし、体験した作品を中心に紹介します。