初心の趣

カメラ初心者の石川県人が同県を中心に地方の変わった魅力を紹介しています

輪島市

石川県輪島漆芸美術館の漆塗りガチャを春夏秋冬(計4回)まわした

石川県輪島漆芸美術館には漆塗りブローチのガチャがあり、四季によってバージョンが変わるので、一年間かけて春夏秋冬一回ずつまわしてきました。

輪島朝市の「ラ・レーヴ」の夏季限定スイカプリンを漆塗りの匙で食べる

輪島朝市通りにあるプリン専門店「ラ・レーヴ」に改めて足を運び夏限定のスイカ味を、西瓜を食べれないのに漆塗りの匙を装備して試してみました。美味しかったです。

輪島キリコ会館で能登の切子燈籠を学ぶ

2015年に移転・リニューアルした「輪島キリコ会館」に足を運びました。巨大な切子燈籠がキレイで切籠の勉強にもなりました。

總持寺祖院内のカフェ「持寺珈琲」の門前味噌バーガー(輪島フグ付き)を頂く

輪島市門前の總持寺祖院の境内にある持寺珈琲というカフェに「門前味噌バーガー」(さらにフグ付き)というご当地バーガーがあったので食べてきました。

能登立国1300年記念の御朱印を求めて總持寺祖院を歩く

能登立国1300年の記念印付き御朱印を求めて、羽咋市の妙成寺に続き、輪島市門前の總持寺祖院にも足を運んで境内を歩いてきました。

輪島市朝市通りにある「ラ・レーヴ」の輪島プリンをいただく

輪島市の朝市通りに「la reves」(ラ・レーヴ)というお店が新たにでき、輪島プリンなるものも誕生していたので食べてきました。

輪島市の廃れゆく旧キリコ会館にて凛々しく残る狛犬を撮る

輪島市の旧キリコ会館の玄関前に狛犬がいるので撮ってきました。いつか建物が壊されることを考えると記録として残しておきたくなりました。

石川県輪島漆芸美術館で沈金色付け体験をしてきた

石川県輪島漆芸美術館にて沈金箸色付け体験をしてきました。職人気分を味わえました。

垂水の滝の「逆さ滝」をどうにか撮る

輪島市と珠洲市の境にある垂水の滝は、冬場に強い北風が吹くと所謂「逆さ滝」になるというので、天気の悪い日に見に行ってきました。

輪島市では天然フグが特産品らしいので「にぎわい大市」で食べてみた

輪島市は天然フグの漁獲高が日本一位だったそうです。特産品として河豚を広めているようなので「にぎわい大市」へ食べに行きました。

輪島市門前町にも山羊のいるカフェがあった

輪島市門前町の海沿いをクルマで走っているとヤギのいるカフェを見つけました。よく見るとヤギ以外にも動物がいたそのお店を紹介します。

輪島市には漆塗りのガチャがあった

輪島漆芸美術館に立ち寄ったとき、ホールで漆塗りのガチャというものも見つけました。気になっての回してきました。

石川県輪島漆芸美術館のマスコット「わんじま」がなんだかカワイイ

輪島市の石川県輪島漆芸美術館には「わんじま」という公式マスコットがいました。そのシュールさとまったりさがなんだかカワイイです。

輪島の千枚田にいた塩像が引っ越し&修復していた

輪島市の白米千枚田に置かれていた塩の像が道の駅「輪島」に引っ越したそうです。見に行ったら修復中でした。

電飾を見に「デコトラ in 輪島2017」へ夜行った

電飾やペイントがド派手なデコトラを見に輪島市で行われていた「デコトラ in 輪島2017」を夜に見に行ってきました。

門前ダートの前日に開催していた「オートテスト」を見に行った

輪島市門前町にてダートスプリントというラリーの大会が行われていましたが、その前日に開催されていた一般人参加の「オートテスト」を見に行ってきましたので紹介します。

足湯の旅9 輪島温泉郷「湯楽里」(ゆらり)

足湯の旅の第9弾です。輪島朝市近くにある「湯楽里」(ゆらり)というところに行ってきました。珍しいことにペット用の足湯もありました。

輪島市の重蔵神社には古い狛犬が3対もいる

輪島市の朝市などがある河井町にて見つけた重蔵神社。そこにいた4対の狛犬のうち3対もが明治くらいの古い狛犬でした。これはなかなか珍しい。

輪島へ行って撮れた写真がウミドリだった

輪島市に向かったもののだいぶ予定が狂ってしまった自分。それでもウミドリを近い距離で撮れました。