初心の趣

カメラ初心者の石川県人が同県を中心に地方の変わった魅力を紹介しています

アート・オブジェ

足湯の旅14 だいこん足の湯、再び(りんご入り)

いい道の駅 のと千里浜にある「だいこん足の湯」が、11月12日限定でリンゴ足湯になっていたので浸しに行ってきました。

白山市の林中地区に登場した美しい田んぼを守るカカシ達を鑑賞する

白山市の林中地区にもかかしが並んでいるところがありました。しかも電飾のメッセージ付き。夜にも見に行きたくなるところでした。

粟津温泉の町中で石の彫刻展が行われていた

粟津温泉の町中にて10月23日より11月11日まで「小松の石彫刻展」が行われています。その作品の一部と人気投票箱の様子を紹介します。

旧針山小の大きな竹細工オブジェがジャンケンしていた

宝達志水町の針山というところにある旧針山小学校の跡地に竹細工の大きなオブジェが置かれていると言うので見に行ってきたら人型のオブジェがジャンケンしていました。

輪島の千枚田にいた塩像が引っ越し&修復していた

輪島市の白米千枚田に置かれていた塩の像が道の駅「輪島」に引っ越したそうです。見に行ったら修復中でした。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その4(最後39番目の作品)

計四日間かけて見に行った「奥能登国際芸術祭2017」の作品の紹介も残り1つ。最後である今回は39番目の作品、鬼太鼓座による「饗の事導」について記します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その3(上黒丸の演劇と舞踏)

「奥能登国際芸術祭2017」へ四度目の訪問。その様子を紹介しています。今回は上黒丸で鑑賞してきた演劇や舞踏を中心に記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その2(若山エリア南山で足湯の旅番外)

珠洲市の「奥能登国際芸術祭」へ四度目の訪問をしてきた際の作品の鑑賞模様です。この「その2」では若山エリア南山の作品を紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第四日目その1(若山エリア北山)

珠洲市で行われている奥能登国際芸術祭へ10月14日にまたまた足を運びました。これで四度目です。その様子を紹介します。今回は若山エリアの北山地区を中心に記しています。

里山のアートフェスタで見つけた「花ふしぎ」が不思議と快感

能美市のアートフェスタに寄った際、「花ふしぎ」という玩具を買いました。手軽に回せて回しただけでキレイで快感なオモチャでしたので紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第三日目その3(シャク崎)

9月23日、珠洲市で行われている「奥能登国際芸術祭」へ3度足を運びました。その様子を記した第三日目その3です。シャク崎の作品を紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第三日目その2(日置エリア木ノ浦海岸)

9月3日より珠洲市で行われている「奥能登国際芸術祭2017」へ三度足を運びました。その紹介をする「第三日」のその2です。日置エリアの木ノ浦海岸にある作品について記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第三日目その1(「時を運ぶ船」とゴジラ岩)

珠洲市で9月3日より50日間に渡って開催されている「奥能登国際芸術祭2017」へ三度足を運んできました。作品番号1の「時を運ぶ船」を中心に大谷エリアについて紹介しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その7(夜の鑑賞と銭湯)

珠洲市の奥能登国際芸術祭2017の作品の紹介、第二日目その7です。第二日目最後の今回は夜に鑑賞した作品と「おまけ」である銭湯に行った様子を記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その6(サザエハウスと環波神社)

初日である9月3日に続き、9月9日にも足を運んだ奥能登国際芸術祭2017の様子を記しています。今回紹介するのはサザエハウスと環波神社です。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その5(若山エリア上黒丸地区)

奥能登国際芸術祭2017の作品の紹介です。今回は若山エリア上黒丸地区の作品一つにしぼって記します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その4(日置エリア折戸地区)

珠洲市で開催中の奥能登国際芸術祭2017の作品の紹介です。今回は日置エリア、その中でも折戸地区のものです。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その3(三崎エリア)

珠洲市で開催されている奥能登国際芸術祭の様子を紹介しています。今回は三崎エリアの作品を中心に記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その2(蛸島エリア)

9月9日に珠洲市の奥能登国際芸術祭へ再びを足を運びました。その日、蛸島エリアで目にし、体験した作品を中心に紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第二日目その1(正院エリア残りと寄り道とガチャ訂正)

9月3日より珠洲市で始まった奥能登国際芸術祭に再び行ってきました。正院エリアの残りの紹介と巨大ガチャについて訂正したいことを中心に記しています。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第一日目その6(正院エリア)

9月3日より珠洲市で始まった奥能登国際芸術祭2017。開催初日に足を運んで目にした作品の中でも正院エリアのもの中心に紹介します。第一日目はこれで最後です。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第一日目その5(直エリア)

奥能登国際芸術祭2017をのんびりと回っている一日目の紹介その5です。今回は直エリアの作品です。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第一日目その4(飯田エリア後編)

9月3日初日に訪れた珠洲市の奥能登国際芸術祭の紹介その4です。今回は飯田エリアの残りをまとめました。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第一日目その3(飯田エリア前編)

珠洲市で9月3日より始まった「奥能登国際芸術祭」の紹介、第一日目その3です。飯田エリアで展開されるアート作品の約半分を記しました。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第一日目その2(上戸エリアとラポルトすず)

珠洲市にて9月3日より始まった「奥能登国際芸術祭2017」に行ってきました。第一日目のその2です。上戸エリアとラポルトすずの作品を中心に紹介します。

珠洲市の「奥能登国際芸術祭2017」をのんびりまわる第一日目その1(宝立エリア)

9月3日より始まり、50日間に渡って開催いされる奥能登国際芸術祭2017 in 珠洲に行ってきました。その様子を、今回は宝立地区を中心に紹介します。

能美市の「かかし街道」の案山子たちを愛でる

能美市大長野町の案山子が並ぶ「かかし街道」を見に行ってきました。ツッコミどころのあるカカシを愛でながら交通安全を改めて意識しました。

宿に泊まっていないのに和倉温泉の「七福神 福々めぐり」をした

七尾市の和倉温泉街に点在する七福神の石像。何かいいことがあるかもしれないと思い、それらを見て回ってきました。

しいのき迎賓館で行われている『駄美術百万石』で感性のインプットをした

GW中しいのき迎賓館にて行われている『駄美術百万石』という展覧会が撮影OKでした。感性を刺激されました。

しいのき迎賓館の前で灯りを楽しむオブジェを撮る

金沢市のしいのき迎賓館の庭に灯りを楽しむオブジェが置かれていましたので撮ってきました。