初心の趣

カメラ初心者の石川県人が同県を中心に地方の変わった魅力を紹介しています

水族館でイルカと目が合うと感動する

前回、のとじま水族館にてコタツに入れる催しがやっていたことを紹介したが、そのとき他の魚たちや海獣たちのエリアも回って気になるものを写真に収めたので紹介したい。

 

まずは本館での企画展

2月の半ばの冬であったため、まずこんな企画を目にした。

f:id:seisyunsanka:20170222231053j:plain

続きを読む

ジンベイザメがいる水槽を前にコタツに入るという至極ののんびり

f:id:seisyunsanka:20170220231410j:plain

昨年7月にも行ったのとじま水族館」に、2月に入って再び足を運んだ。

涼しいイメージがある水族館は夏に人気があるらしいが、あえて冬を選んでやって来た。

というのも理由がある。

この水族館、1月の中頃から2月いっぱいまで、水族館でありながらコタツに入れるのだ。

どういうこと? と思われるかもしれないが、水族館にコタツが置かれているのである。

そのコタツに入って、のんびりと水槽を眺めることができるのだ。

自分も噂に聞いていただけなので、百聞は一見にしかずということで、実際に見に行ったわけだ。

続きを読む

足湯の旅 和倉温泉「湯っ足りパーク」

f:id:seisyunsanka:20170208233526j:plain

とある土曜日、久しぶりに週末に晴れたので公園にでも行ってのんびりと写真を撮りたくなった。

さて、どこの公園へ行こうかと車のナビを使って石川県内の公園を調べ始めると、過去のログのせいか「ヤ行」から始まって真っ先に目に入ったのが「湯っ足りパーク」であった。

「湯っ足りパーク」はこう書いて「ゆったりパーク」と読む。

地理に疎い自分は正直これがどこにある公園であるのかわからなかったが、その字から温泉に、しかも足湯に関係していそうな予感がして迷わずここにナビをセットすることになった。

足湯そのものが随分と久しぶりであったので、無性に行きたくなったのだ。

続きを読む

兼六園のライトアップ「冬の段」でカメラ修行とキンキラキン

 兼六園 ライトアップ冬の段へ

1月24日から2月4日まで兼六園では冬の段と呼ばれるライトアップが行われていた。

金沢城でのライトアップは何度か撮ったことがあるが、兼六園の夜景を撮ったことがなかったので、終了一日前の2月3日に、ちょうど夜から晴れていたこともあって仕事の帰りに寄ってきた。

ちなみにライトアップの時間帯、兼六園は入園無料であった。

無料だったから行きやすかったのもある。

ただ、無料だっただけに他のお客さんも多くて、のんびり撮るというわけにはいかなかった。

f:id:seisyunsanka:20170206224515j:plain

続きを読む

ゴッグ、モーゼの墓参りに行く

宝達山にある伝説のモーゼパーク

石川県羽咋郡宝達志水町には「モーゼの墓」がある。

何を言っているのだ言われるかもしれないが、「モーゼの墓」があるのである。

「どこのモーゼさん?」と聞き返されそうなので答えておくと、神より十戒を授かり、紅海を割って奴隷にされていたヘブライ人をエジプトから脱出させた、あの「モーゼ」(モーセ)だ。

40年の歳月をかけてユダヤの民衆をイスラエルの地へ導いた後、シナイ山に登り、そこから天浮舟に乗って能登宝達山にたどり着いたらしいのだ。

「何をバカなことを」と笑うかもしれないが、10年以上前にその場所へ連れて行ってもらった当時の自分もまったく同じことを思って失笑した。

でも、それは確かに宝達山にあった。

そしてその墓を目の当たりにしてからというもの、県外から来た友人を案内したり、個人的に一人で行ったりで計5回は足を運んでいた。

 

あれから月日が流れて今に至る。

このブログを始めて「勝手に石川県七不思議」なんてカテゴリーを個人の気ままで勝手に拵えているが、この「モーゼの墓」は企画を考えた当初から数えることを決めていた。

これこそが石川県のミステリーであり、ロマンであろう。

ということで、10年ぶりくらいに向かうことにしたのだった。

f:id:seisyunsanka:20170130232356j:plain

続きを読む

仏の試練だろうか?雪降る中での撮影は難しかった

f:id:seisyunsanka:20170123225830j:plain

1月15日、近くにある永安寺の左義長に行って来た。

燃やすものといったら昨年引いた大吉のおみくじくらいしかなかったのだが、とにかく数日雪続きで写真を撮れずにいたので、なんでもいいから外に出たくなって、その口実として足を運んだのだった。

続きを読む

<新春だから神社巡り3>原点でもある白山比咩神社の狛犬は格闘家のようだった

前回、いしかわ動物園の1月限定「イヌワシ神社」で参拝たことを記したが、実はその足で白山比咩神社にも立ち寄っていた。

思い返してみると、先月5月にカメラを始めてから自分が初めて狛犬を撮ったのはこの白山比咩神社であった。当時は狛犬写真家を自称しようかと目論む以前の、狛犬そのものにもほとんど興味がなかった時分で、撮ってブログで上げた写真も一枚きりであった。

ただ、UPしたのは一枚でも、写真そのものは現場で何枚も撮っていた。どうすれば狛犬を格好良く撮れるのか、キレイに撮れるのか、そんなことを考えながら、アングルや露出や構図をこまごまと変えていたのだ。

思うに、そのときすでに狛犬写真家を自称しようかと目論む下地くらいは出来ていたのではなかろうか。少なくとも、あれこれ工夫して撮りながら狛犬のことをかわいく思っていたことは間違いない。

f:id:seisyunsanka:20170117230534j:plain

続きを読む

<新春だから神社巡り2>イヌワシ神社とトキ・リベンジ

平成29年(2017年)は酉年だ。

全国の動物園でもそれにちなんだイベントや展示などがよく行われているようだ。

石川県にあるいしかわ動物園でもその例に漏れず、園内の動物学習センターにて1月30日まで「干支展」が行われている。しかもその干支展で期間限定の「神社」を拵えたというから、参拝しに行くことにした。

f:id:seisyunsanka:20170112224413j:plain

続きを読む

<新春だから神社巡り1>地元の神社の狛犬が子連れで逆さでエトセトラ

昨年、カメラを始めてまだ日が浅い初夏に地元の用水路を辿って末浄水場にたどり着いたことがあったが、そのときにも立ち寄った、というかそこからスタートした神社がある。

f:id:seisyunsanka:20170109101809j:plain

続きを読む

お守りを求めて和歌山県の熊野本宮大社へ初詣に行った

行きたかった熊野本宮大社

昨年秋頃に和歌山県熊野本宮大社が『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な漫画家の荒木飛呂彦氏がデザインしたお守りの頒布を開始したというニュースがあった。

学生時代に『ジョジョ』で卒論を書いてしまって今でもシリーズを単行本で購読している自分としても即座に反応、どうにか手に入れたいものだと思ったものである。

頒布開始当初は実際に熊野本宮大社に出向かないと手に入らないと記されており、自分としてもいつか足を運びたいと考えていた。ただ、和歌山県にあるという距離的な問題と暇がないという時間的な問題で実行に移せなかった。

実際、お守り一つのために400km先の和歌山に向かうというのもなかなか勇気がいる。それでもそのくすぶる気持ちが年末までずっと続いていたので、初詣も兼ねて、また狛犬の写真も撮れるだろうと考えて、31日に向かうことにしたのだった。

f:id:seisyunsanka:20170103163637j:plain

続きを読む

小松市には屋上を散策できる公共施設がある

屋上を「散策」できる、こう書くと奇妙な表現であるが、文字どおりのんびりと屋上を散歩できる施設が小松市にはある。

奇妙な表現であるということは景色としても奇妙なものであると思われるから、はたしてどのような写真が撮れるのだろうかと興味が湧いて、実際足を運んでみることにした。

それは、小松駅の東口を出てすぐ目の前にあった。

f:id:seisyunsanka:20161228224544j:plain

続きを読む

羽咋市には弥生式住居を見れる公園がある

弥生時代の住居を求め、数カ月ぶりに羽咋市

以前、石川県の羽咋市はUFOの町であると、この「初心の趣」でも紹介し、羽咋市そのものを石川県の七不思議に勝手に認定していたが、その羽咋市にはさらに弥生時代の住居が再現されている公園があるというので足を運んでみた。

f:id:seisyunsanka:20161223155009j:plain

「吉崎・次場弥生公園」だ

続きを読む

輪島へ行って撮れた写真がウミドリだった

輪島へ

輪島に行った。

目的は棚田を見に行くことだった。一週間前に行こうとして都合が合わず諦めたスポットだったため、どうしても行きたかった。

ただ、その日はあいにく天気が悪く、朝から雨が降っていた。

移動しているうちに晴れるだろうとの、自分の中の晴れ男を信じて出かけ、そして自分には神通力が備わっているのか、到着する頃には奇跡的に晴れた。

f:id:seisyunsanka:20161214231837j:plain

千枚田に到着した

続きを読む

石川県の珍スポット「ハニベ巌窟院」にも狛犬がいた

石川県の小松市には「ハニベ巌窟院」という全国でも有名な珍スポットがある。

珍スポット界隈では有名すぎて、今更自分が取り扱いたいとはあまり思っていなかったのだが、このたびふとしたことから足を運ぶこととなった。

当ブログで石川県の七不思議を勝手に選んでいたりする手前、自分としても避けては通れないとは思っていた。事実、自分の頭の中では、その勝手に選ぶ石川県七不思議の中の一つにこのハニベ巌窟院が早くから選ばれていた。ただ、撮りに行くにするにしても最後、できればこれ以上の変わったスポットを独自に見つけてエントリーから外したいとも考えていた。

それくらい、珍スポットとしては知られた場所なのだ。

f:id:seisyunsanka:20161206230351j:plain

いきなりこれだ

続きを読む

たまたま立ち寄った神社に逆さ狛犬がいた

前回、那谷寺に狛犬がいることを報告したが、実はそのとき実物の狛犬の他に「描かれた狛犬」の写真も撮っていた。

f:id:seisyunsanka:20161201235610j:plain

正確には彫られた唐獅子

これは那谷寺境内にある「三重の塔」の壁面の彫刻だ。

四方の壁に二十の唐獅子が彫られ、それぞれ行態が異なる。

その中の幾つかに、こういう「逆さ獅子(逆さ狛犬」が見られた。

この逆さの獅子(狛犬)だが、別に彫刻だけで見せる姿ではない。

この那谷寺にはいないものの、世の中の神社には像としての「逆さ狛犬」が存在するのだ。

それを、先日偶然見つけた。

続きを読む