読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ソムリエを目指す猫

〇〇なときに観たい映画をレビューしており候。

『陽はまた昇る』 何を信じて働けばよいのかわからなくなったときに観たい映画

『陽はまた昇る』

公開:2002年6月15日

上映時間:108分

監督:佐々部清

製作:高岩淡

脚本:西岡琢也佐々部清

撮影:木村大作

編集:大畑英亮

音楽:大島ミチル

出演:西田敏行渡辺謙緒形直人真野響子夏八木勲江守徹仲代達矢、他

 

あらすじ

1970年代半ば、業務用VTRを作る日本ビクターのVTR事業部に急遽、事業部長として人事異動を命令された高卒で技術屋しかしたことがない「加賀谷静男」。返品率50%の不採算部門、行けば左遷と同じであると言われているそのVTR事業部を立て直すため、20%の人員削減を要求する上の命令に抗いながら、5000億円市場とも言われる「家庭用VTR」の開発にこっそり着手していくのだった…

 

レビュー目次

  • 実話による物語
  • 経営者からすれば社員はただの駒?
  • 結局は猫…いえ「人」
  • 追記 

 

続きを読む

『巨人と玩具』 仕事場で調子に乗っていると思ったときに観たい映画

『巨人と玩具』

公開:1958年6月22日(日本)

上映時間:96分

監督:増村保造

製作:永田秀雅

脚本:白坂依志夫

撮影:村井博

編集:中静達治

音楽:塚原哲夫

出演:川口浩高松英郎野添ひとみ、信欣三、伊藤雄之助、藤山浩一、小野道子、山茶花究、他

 

あらすじ

 「ワールドキャラメル」ではキャラメルの売上が伸び悩んでいたため、同業他社に負けない宣伝を打ち出すことで打開しようとする。この上層部の指示に応えたのが、若き宣伝課課長で野心家の「合田竜次」という男だった。合田は子供に受けそうな景品も企画、また部下の西洋介とともに無名の一般人・島京子をマスコミを使って有名人に仕立て上げ、彼女をイメージガールにする。宣伝の力を過信し、競合他社である「ジャイアンツ」や「アポロ」との特売合戦に臨むのだが…

 

レビュー目次

  • タイトルから
  • 主役は誰か?
  • 合田という男
  • 調子に乗っていると思ったときに観たい

 

続きを読む